摩訶山般若院 水宮神社へようこそ:伝説の宝庫・水子供養


木の香り漂う御社殿

水宮神社の社殿は平成18年12月に造り替えられました。
木の香り漂う社殿は、本殿、幣殿、拝殿からなる権現造り(ごんげんづくり)です。
祭神にちなみ、錺金具や彫刻には水のデザイン、向拜柱には御神木のイチョウが施され、細部にまで意匠が凝らされた造りになっております。

御社殿
   
社殿内の木彫り額
     

額1

     

額2

     

額3

     

額4

     

額5

     

額6

   
例大祭での浦安の舞
     

浦安の舞

     

他ではちょっと見られない!? 水宮神社の3大スポット

人々を5000年支える清水 水宮の御神水

水宮の御神水

縄文時代より人々の営みがあった水宮の地。人がいるところには水は必要不可欠です。
水宮の社号に見られるように当地は古くから良水に恵まれており、市内には今も約30箇所ほどの湧き水があります。
平成14年に水宮神社独自に水質調査を業者に依頼したところ、今も清らかな水が湧いていることがわかりました。
古代より人々を支えてきた水宮神社の御神水。
お参りの際、ぜひこの御神水で手と口をお清めください。

御神水


狛犬…ではない!! 狛蛙

水宮神社の社殿前に並ぶのは狛犬ではありません。
水に縁のあることから、全国でも珍しい狛蛙(コマガエル)となっています。
ユーモラスなお顔の一対の「阿(社殿向かって右)」、「吽(社殿向かって左)」の狛蛙。
お参りの時はぜひご覧になってください。

狛蛙
水宮に伝わる古くからの伝承 狛蛙ものがたり

昔々、この地に、人間のように立って歩きたいと願う蛙がいました。
そこで蛙は、熱心に願をかけ、二本足で歩けるよう祈りました。そしてついに願いが叶い歩けるようになったのです。
しかし、立ってしまうと蛙の目は後ろになってしまい、うまく歩くことができません。蛙はもう一度願をかけ、元のように戻れるよう祈りました。
「立って歩きたい」、「やっぱり元に戻してほしい」、ころころ心が変わる蛙に神様も怒ったのか、簡単には許しません。
困り果てたころ、大日如来(不動明王)様が元に戻してくれました。
戻った蛙は二度と立って歩きたいとは思いませんでした。
蛙は、「旅先から無事かえる」、「失くし物がかえる」、「若がえる」などとかけられ、今も願をかけにお参りされる人が絶えません。

狛蛙(ミニチュア置物) 初穂料2000円

ミニチュア狛蛙

当社では、マスコットである狛蛙のミニチュアをご用意しております。社殿前の狛蛙を忠実に模したもので、カエル=「帰る」にちなんで、交通安全、家内安全の願いをこめて、皆様にお頒かちするものです。神棚、机、玄関等に大切にお飾りください。

ご希望の方に狛蛙をお送りします。お電話あるいはFAXにて、名前、住所、電話番号、希望数をお伝えください。初穂料お振り込み用紙と共にお送りします。

お支払方法:商品と一緒に「当社の口座番号」を送らせていただきます。到着次第、10日以内にお支払いください
発送日数:商品の発送は1週間前後かかります。

お問い合わせ
TEL 049-251-7520 FAX 049-254-1899


健康・長寿・出産・授乳の御神徳! 御神木の銀杏

御神木の銀杏

水宮神社の御神木は、社殿脇にある銀杏の木で樹齢350年ほどの古木です。
幹から根の一部である気根が成長し、まるで女性の乳房のように下がっております。
このような木は全国的にも珍しく、関東ではほとんど見ることができません。
水宮神社の御神木として健康長寿出産授乳の御神徳があるとされ、厚い信仰がよせられています。

御神木の銀杏 拡大


ページの冒頭へ

神仏習合の名残 境内の建造物

犬の塚

犬の塚

生保3年(1646)の建立の犬の塚です。
昔、修験者が愛犬を連れて京都聖院まで修行の旅に出ました。
しかし、無事修行を終えた帰りに愛犬がふとしたことから病にかかり、死んでしまいました。
不憫に思った修験者は、塚を造り手厚く葬ったといいます。
やがて時が経ち、修験者も亡くなると、その体はこの犬の塚に一緒に埋葬されたと伝えられています。

子どもの夜泣きや、おねしょに利くと言われています。

筆子塚

筆子塚

元治元年(1864)に般若院の門人175名威徳をしのび建立されました。


般若院法経塔

般若院法経塔

慶山法師の石碑

慶山法師の石碑


ページの冒頭へ

悠久の歴史を知る 水宮神社の御宝物

不動明王(中央) 矜羯羅童子(こんがらどうじ・右) 制咤迦童子(せいたかどうじ・左)

不動明王

不動明王


十二神将

十二神将

仏様の守護神である十二の神将が描かれています。


般若院文書

般若院文書

富士見市有形文化財に指定されている古文書です。水宮神社の由緒を知ることができます。

悪疫退散魔除獅子

悪疫退散魔除獅子

江戸時代から昭和40年代まで、お祭の祭に担がれてきた獅子頭です。


ページの冒頭へ